茜町BOOKS

絵本やエッセイなどの保管および公開をしています

昔話絵本『清蔵の兎』

―― まえがき ――
昔話絵本『清蔵の兎』

絵・訳:茜町春彦
原作:柳田国男
概要:「日本の昔話」の中の1話を絵本にしました .原文を一部省略しています.


A Picture Book
"A hare of Mr. Say-tho"

Illustrated and translated by : Akanemachi Haruhiko
Original author : Yanagida Kunio


―― 01 ――
Long long ago, Mr. Say-tho went hiking to a hill together with his friends.

むかしむかし、清蔵は友達と共に山へ遊びに行きましたところが・・・

f:id:akanemachi:20181018115532j:plain

―― 02 ――
A hare was soundly taking a nap in weeds.

・・・草の中に兎が1匹ぐっすりと昼寝をしていました.

f:id:akanemachi:20181018115545j:plain

―― 03 ――
"Ah! There is a dead hare in this place," said one of his friends.

ああこんな所に兎が死んでいると、連れの者の一人が言いますと・・・

f:id:akanemachi:20181018115604j:plain

―― 04 ――
Mr. Say-tho immediately pinched his nose and said, "No wonder the air has been filled with the awful smell."

・・・清蔵は早速、鼻をつまんで、道理で先程からえらく臭いと思っていたと言いました.

f:id:akanemachi:20181018115621j:plain

―― 05 ――
Soon, the hare was woken by their voices and ran away surprisedly.

そのうちに兎が人の声に目を覚まして驚いて走って行ったので・・・

f:id:akanemachi:20181018115636j:plain

―― 06 ――
"Oh! It was only taking a nap," the friend said amazedly.

・・・なんだ昼寝をしていたのかと、その友達がびっくりしますと・・・

f:id:akanemachi:20181018115649j:plain

―― 07 ――
Mr. Say-tho also said, "I didn't know why. I noticed that its ears were moving though."

Since then, people have used the comparison "It is like a hare of Mr. Say-tho" for a made-up story.

・・・また清蔵が口を出して、だから俺も何だか耳が動くようだと思っていたのだと言いました.

それからこの方、いい加減なことを言う人を、清蔵さんの兎のようだと、たとえ言にいうようになりました.
(了)

f:id:akanemachi:20181018115704j:plain

 


―― あとがき ――
この本はパブーで公開した電子書籍、英訳昔話「清蔵の兎」を加筆修正したものです.
参考文献:日本の昔話(2005年10月25日36刷 柳田国男著 新潮文庫