茜町BOOKS

絵本とかエッセイとか

金子文子

WEB絵本『露店商人(金子文子)』第6巻

引き上げは大概10時頃だった それから私は湯島まで12、3町をテクテクと歩いて帰るのであるが、家に着くのはほぼ11時過ぎだった.そしてその頃にはもう大抵の場合、家のものは戸を締めて寝ているのだった. I usually closed my stall at around 10 o'…

WEB絵本『露店商人(金子文子)』第5巻

隣のお爺さんは面白い親切な人だった. いつも酒で顔を赤くほてらしていたが、酒の気がきれると「姐さんすまないがちょっと見ていてくんな」と私に自分の店を任しておいてどこかへ姿をかくした.その間に爺さんは近くの酒屋へ駈け込んで、コップ酒をあおって…

WEB絵本『露店商人(金子文子)』第4巻

伊藤は私に、湯島の新花町に間を借りてくれた. それから、彼の知り合いの粉石鹸屋から3、4円分の品物を仕入れてくれた.私は早速、その粉石鹸を持って夜の露店商人に変わった. Mr. Ito arranged a rental room for me. It was in Shinhanacho town of Yu…

WEB絵本『露店商人(金子文子)』第3巻

私は何だか、じっとしてはいられないような気がして来た. 何かしら私の頼るべきものがあって、それが私を手招きしているように私には思われた.そうして私は、何だか訳の分からぬ力に引きつけられて行くのであった. Somehow, I began feeling that I could…

WEB絵本『露店商人(金子文子)』第2巻

私は聖書なんか読むどころでなかった. 不安な思いばかりが胸の中を往来した. 穴の中へでも引き込まれるような心細さがヒシヒシと迫ってきた. I couldn't bring myself to read the Bible. My anxiety just kept growing in my heart. Loneliness was comi…

WEB絵本『露店商人(金子文子)』第1巻

白旗新聞店を出たのは、もう夕方であった. I left Shirahata newspaper sales agent. The evening had already come. さていよいよ、そこを出はしたものの、出るだけで準備がまだ出来ていないうちに無理に追ん出されたのであるから、第一その行き場所がなか…

WEB絵本「金子文子(何が私をこうさせたか)父よ、さらば」

"If you leave this home now, our relatives will think that I picked on you and threw out you. Please have a bit of patience for a while," my aunt said. She stopped me as if she asked me. 「お前に今うちを出られては、いかにもワシが苛め出しで…

『東京へ!』

―― まえがき ―― 金子文子の手記のなかの1編を翻訳し、絵本にしました. WEB絵本『東京へ!』翻訳・作画:茜町春彦原作:金子文子 A Picture Book "To the capital Tokyo!"Translated and illustrated by : Akanemachi HaruhikoOriginal author : Kaneko …